食事制限が一番痩せる!って本当なの?医学的目線で解説

ダイエットをするときは、健康面にも気をつけてしましょう。過剰な食事制限のダイエットは、心身の不調を引き起こす原因になるため、やめましょう。健康にダイエットするために、まず必要なことは、食事の改善です。
まず、スナック菓子をよく食べている人は、それをやめてみましょう。代わりに、ヨーグルトやナッツ、枝豆などがおすすめです。特にナッツは栄養も豊富で食物繊維にも富み、腹持ちもいいのでおすすめです。また、美容の観点から、果物などもいいでしょう。バナナやりんご、オレンジなどでビタミンなどの栄養を摂りましょう。
また、日々の食生活に、野菜を増やすようにしましょう。毎日どれくらいの野菜を食べていますか?無理なく野菜を毎日の食生活に取り入れるには、野菜ジュースもおすすめです。いろいろな会社から出ていますので、自分のお気に入りを見つけましょう。また、簡単な野菜料理として、ゆでた野菜を麺つゆにつけて食べるのがおすすめです。小松菜やチンゲン菜をゆで、またワカメはもどしておきます。それにトマトはくし型に切っておきます。これらを一つのお皿にのせ、麺つゆをかけて食べます。麺つゆは、桃屋のものがおすすめです。油を使わない、ヘルシーレシピです。
また、簡単なところでは、味噌汁もおすすめです。なんでも残っている野菜を入れると、たいていのものは合います。汁物なため、おなかもいっぱいになり、他のものの食べすぎを防ぐこともできます。
また、ダイエットには運動も大切です。ウォーキングなどは、始めるのに特別な装備もいりませんし、お金もかからず、気軽に始めることができるので、おすすめです。歩いている間退屈だと思う方は、音楽を聴きながら歩いたり、仲のいい人と一緒に歩くのがおすすめです。
ただ、これからの時期は紫外線が気になるため、昼間は日焼け止めなどで陽射しからカバーしてください。また、夜道の一人歩きは危険なので、できれば誰かと一緒に歩くか、明るい道を選ぶようにしましょう。

今までダイエットを続けてきて、一番痩せやすいと思ったのは食事制限です。運動を取り入れるダイエットもいいのですが、すぐには効果が出ないため、自分で数値や体を見ていて「運動って痩せるの?」と思ってしまうことが多かったです。ライザップとかに通えば話は別なのでしょうが、自力で行うダイエットでは限界があります。
食事制限は一日のカロリーを女性の場合は1200キロカロリーくらいに抑えることです。
ちなみにご飯一杯で300キロカロリーはありますので、もし一日三食お米を食べているとそれだけで900キロカロリー以上になりますし、おかずで油を使うものを入れるとあっという間にオーバーしてしまいます。特に外食の場合は自宅で食べるよりも白米は1.5倍の量とカロリーがあります。
しかし炭水化物を抜くダイエットは体に危険があります。どう危険かというと女性の場合は生理が止まってしまったり遅れてしまったり不正出血が続くことがあります。生理日を確認して行うダイエットをしている場合は自分の想像している体重の増減がおかしくなってしまいますので要注意が必要です。
なので、一日に一食は必ず炭水化物をとるようにするのです。白米は普段の半分くらいでもかまいません。抜くのが危険なのです。
今まで摂取してきたものを止めてしまうと体は危険信号を出して、もっと食べろといってくるときがあります。そうならないためにも平均的にきちんと食事をとることが大事なのです。
脂ものは抜いてもいいのではないか、と思われるかもしれませんが、これも体に異変が出てきてしまいます。
肌にツヤやハリがなくなり、そして手先が簡単に荒れてカサカサになってしまうのです。指先も簡単に割れるようになってしまい、ダイエットを行ううえで体が非常にしんどい思いをしてしまうのです。
ですから脂ものも炭水化物も適度に摂取することが大事です。
体に異変をきたすようなダイエットは長いことできませんし、しんどくなってしまいます。体だけではなく心にも異変をきたしてしまう可能性がありますから、ちゃんとした食事をとって毎日を送ることがダイエットの秘訣です。

今大注目の8:16ダイエットを実践してみよう!

ダイエットは、女性にとっての永遠のテーマですよね。女性のみに関わらず体重を気にする男性も多いのではないでしょうか。年間を通じてダイエットの番組や雑誌の特集がありふれています。この商品がダイエットに良い!という特集をする度にスーパーからその商品は消え、通販サイトでも上位になり、入荷待ちの状態になることはよくあります。しかし、このようなダイエットは続きません。つい最近までどこにいっても品切れだったのに、ある一定期間を過ぎると品切れになったのが嘘のようにどこにいっても在庫があるようになる、そんな状況が表すことは、みんな最初だけ続けて3日坊主で終わる、ということです。さらにここにお茶を飲む事を挟んでおくと効果も倍増です。お茶はスーパーで売っているのでもいいですしダイエットプーアール茶もおすすめできます。ダイエットをしてはリバウンドを繰り返したり、効果が出ないことに苛立ちを感じ途中でやめてしまったりしがちです。そんな中で今回お話するのは8:16ダイエットというものです。8時間ダイエットという名前でも紹介されています。この方法は最近になって医師がすすめるダイエット法として注目を浴びてきています。これまでダイエットに失敗してきた人が無理せずに続けられる物として人気を集めています。いったいどのようなものなのか、今回はお話ししていきます。

dietter

かわいくきれいにダイエットをする為に

まずはお茶を使ったダイエットから解説しましょう。
生姜紅茶ダイエットって知っていますか?少し前に流行ったダイエットですよね。
私はこれで1ヶ月で5キロ痩せ、平熱も35.0℃くらいでしたが今では36.0℃くらいになりました。なので、生姜紅茶ダイエットを紹介しようと思います。
・生姜紅茶のやり方は?
普通の紅茶1杯に対してすりおろした生姜をティースプーン1~2杯入れて飲みます。甘味が欲しいときなどは、はちみつや黒砂糖をプラスするとよいです。
・生姜紅茶の効果
私も成功したように他の方も成功しやすく成功者の声が多いダイエットですが生姜紅茶は体を温めて代謝をあげるという点が大きいです。特に朝飲むと有効みたいです。
また1日に2~6杯目安に飲むと良いです。生姜紅茶を飲むことで体が温まり血流がよくなります。ただ、しょうがのジンゲロールという成分は人の粘膜を強く刺激するので大量に摂取するなどは控えた方が良いそうです。食べ過ぎてしまうと胃腸の粘膜を刺激したり、腹痛の時には下痢を引き起こしたりするので注意が必要です。元々薬味として少量摂取することでその効果を発揮するみたいです。過度な摂取はお勧めできません。また甘味をプラスして飲む場合は糖類の摂取のしすぎも注意が必要です。私の場合は甘味をいれずそのままで飲んだり、ももの香りのする紅茶などで我慢していました。甘味の種類はメープルシロップなどの体を冷やしにくい甘味を使う事が良いです。
・生姜紅茶ダイエットの口コミ
他の方も1年半で13キロなど停滞期はあったみたいですが続けていくことで効果があるそうです。わたしはすごく太ってたこともあり1ヶ月で5キロと痩せすぎてしまいましたが、リバウンドもありません。またウォーキングなどを組み合わせる事により、効果がでやすく、発汗も普段の時よりすごかったです。また、プチ断食とセットでやっている方もいるみたいです。生姜紅茶は生活に取り入れやすく、ただ飲むだけなので実行もしやすく、これからも続けて行きたいと思っています。

8:16ダイエットは具体的にどうするの?

さて、8:16時間ダイエットのやり方ですがすごく単純なものです。1日のうち、8時間以内にご飯を食べ、16時間は何も食べないで過ごすというものです。この食事してもいい8時間のうちなら何を食べてもいい、とのことですが極度の暴飲暴食は控えるようにと言われています。具体的にどういうことかと言いますと1日のうち1食目をお昼の12時に食べ始めた場合、夜ご飯を夜の8時までに終わらせる、ということです。時間をずらしても同じことが言えます。10時に食べ始めた人は6時まで、8時に食べ始めた人は4時までということになります。なぜこのダイエット法が効くかというと単純に食事の回数が2回になり、摂取カロリーが減るということです。そして食べない16時間の間に胃腸を休ませることが出来るので痩せやすくなるということです。いわばプチ断食ですね。このダイエットの特徴は長期的に見て続けやすい、ということです。ダイエットは痩せることが目的ではありますが1番大切なのは痩せてからリバウンドせずにキープするということです。短期間で痩せた場合はどうしても普通の食事に戻してしまうとリバウンドしてしまいがちですが、この方法は続けやすいので体重をキープしやすい、ということです。元々夜ご飯から次の日の朝ご飯までの時間は断食していると言われています。その断食する時間を長くすることによって体重は減っていきます。長くした時間を続けていくことで体重がキープできるということです。ダイエットのために朝食は食べた方がいいと言う方もたくさんいますが、こちらの方法は医師の方も推薦しているやり方ですので健康には問題はないと思います。朝どうしてもお腹が空いてしまって続けられないという方は無塩バターを入れたコーヒーを1杯飲むことで空腹を抑えられるそうです。これなら続けられそうですね。
8:16時間ダイエットいかがでしたでしょうか。食べるものを制限するわけではないのでストレスも少なく出来ると思います。とは言えダイエット中であるということは忘れずになるべくカロリーの低いもの、栄養価の高いものを取るよう心がけてください。太ってしまうと病気になってしまったり、精神的にもダメージを与えます。そこで無理しない程度に出来るこちらのダイエット法を試してみて下さい。体調があまりにも悪い時は無理せずに普通の食事に戻してみて下さい。長期的に見て続けられる方法でダイエットを成功させてほしいと思います。健康のため、美容のためにぜひダイエットを成功させましょう!

参考URL⇒ダイエットプーアル茶の体験レポ~痩せるお茶.asia

ダイエットって難しい!!痩せる為にしておく計画

世の中には○○ダイエットなる話は掃いて捨てるほどある。しかし、ホントのところ足し算と引き算だってことに気がついていない方が多い。
足し算というのは食べること。カロリーという言葉はダイエットという言葉に反応する人ならば当然知っている言葉。誤解を恐れずに簡単に言うと、どのぐらい燃えにくいのか数字にしたものだと思えばいい。数が多くなれば燃えにくく、数が少ないほど燃えやすい。例えば、カロリーが100kcalのものと、200kcalのものは、後者の方が2倍燃えにくい。燃えにくいから残りやすいとも言える。100kcalのものが燃えてしまっても、200kcalのものはまだ半分残ってることになる。
0kcalと表示されているものもあるけど、ほとんどのものは0ではない。食べ物/飲み物全部カロリーがあると思っていい。沢山食べれば(飲めば)カロリーは積み重なっていく。コレが足し算。一日の摂取カロリーが成人男性の場合、2,000kcal前後と言われていますが(あまり正確な値ではないようです)、実は摂取するのはあっという間。外食なんてしようものなら一食で超えてしまうようなものまであります。

dietter2

さて、もうひとつ、引き算の方に行きましょうか。人間はただ黙っているだけでも生きていくためにカロリーを消費します。黙っていても36℃前後の体温を維持しているわけですからカロリーの消費というところ分かってもらえるんじゃないかと思います。当然ですが、動けばそれだけカロリーを消費することになります。どんどん動けば、どんどん消費しますね(まぁ、思ったほどには消費しないのがみそなんですけどね)。一日に消費するカロリーが引き算の方になります。
黙って消費するカロリーを基礎代謝とか言ったりもします。で、この基礎代謝。筋肉の部分で多く消費されるんですね。筋肉質の人は基礎代謝が高い。コレあながち間違いではないんです。筋肉をつけると痩せやすくはなりますが、維持するためには一定の体重が必要になりますので、果たしてダイエットにつながるのか疑問だったりします。
(閑話休題)
さて、足し算(食べること)と引き算(消費すること)が出てきました。足し算と引き算。足し算の方が多ければ残りますし、引き算の方が多ければ減ります。コレ分かりますよね。ダイエットってこのバランスなんですね。沢山食べてもそれ以上に運動すれば(アスリートなんてその典型)、体重は減っていく方向になりますし、あまり食べなくとも動かなければ体重が増える方向になります。

いろんなダイエット指南がありますが、この足し算と引き算をバランスよくやっていくための指南に他なりません。世のダイエット法の中には、全くこれと逆の方向を示すものもありますが、たいていデマかまがい物です。
足し算と引き算。実はバランスとるのが難しい。適当に食べていたら痩せませんし、ただただハードトレーニングに明け暮れても痩せないかもしれません。バランスの問題です。そして長期戦。1ヶ月で痩せた!といって、3ヶ月後にリバウンド。そんなこともあります。

じっくり足し算と引き算を駆使してバランスをとってダイエットに励む。コレが何より効果的なのです。

おすすめは<食事代替型>と<燃焼促進型>のダイエット方法!

ひと口にダイエットと言っても、その方法はさまざまですが、大きくは「摂取カロリーを減らす方法」と「消費カロリーを増やす方法」の2つに絞られます。「摂取カロリーを減らす方法」には、食事の量や質を工夫して、カロリーコントロールする方法や、<食事代替型><吸収阻害型>と言われるダイエット食品を利用する方法があります。一方、「消費カロリーを増やす方法」には、<運動>さらには、<燃焼促進型>と言われるダイエット食品を用いる方法があります。この中から選ぶのが普通ですが、とくに、おすすめなのが<食事代替型>と<燃焼促進型>のダイエットです。それでは次からこの2つのダイエット法をご紹介してきます。まず、女性に人気で手軽に取り組める食事代替型ダイエットです。食事代替型のダイエットは、普通の食事の代わりに低カロリー食を用いるダイエット法で、栄養バランスを考慮しながら、計画的にダイエットできるのがポイントになります。空腹感を感じることもありますが、手軽に取り組めるため、女性に受けが良いです。また、単なる食事制限では、カロリーを減らすのと同時に、栄養摂取量まで減らしてしまう可能性が高いのですが、ダイエット向けの代替食では、たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維がバランス良く配合されているので、ダイエット時に多い栄養不足が起こりにくいのも特徴です。なお、食事代替型のダイエットでは、1~2食分に利用するのが一般的ですが、あせる気持ちからか3食分を置き替える人もいます。しかし、無理なダイエットが体に負担をかけ、逆にリバウンドが起こりやすいので、健康的なダイエットに取り組むことをおすすめしたいです。次に、燃焼促進型ダイエットです。これは、代謝を促進するサプリメントを使って、消費カロリーを増やすダイエット法となっています。運動と組み合わせてより効率的にダイエットをしたいときや、散歩や家事など毎日の生活の中でも効率良くカロリーを消費したいというときにとても有効です。この燃焼系ダイエット食品の素材として有名なのが、<α-リポ酸><L-カルニチン><コエンザイムQ10>などです。さらには、BCAA、オルニチン、クレアチン、ビタミンB群なども有名で、これらを複合的に組み合わせている商品も多くみられます。燃焼促進型ダイエットは、基本的には健康的だと言われていますが、それはしっかり栄養成分を補給してのことです。食事制限などを組み合わせている場合、栄養バランスに注意しないと体への負担が大きくなったり、効率的にカロリーを消費できなくなったりするケースも生じることを頭に置いて行いましょう。

食後にだけご褒美ダイエット

楽しくダイエットを続けてみませんか。
ご紹介するダイエットは、体重は減らしたいけど、甘いものはやめられない方におすすめです。食後にだけご褒美ダイエットです。
方法は、食事を食べ終わった後にだけ、一かけらのチョコレートや小さなお饅頭などを食べるダイエットです。
このダイエット方法は、食べるタイミングを守って続けていくと必ず成果が現われます。
もちろん三食の食事もしっかり、いつものように食べて大丈夫です。
「たったそれだけでダイエットできるの」と思われるかもしれませんが成果がでます。
食後以外で、何かを食べたくなったときは、水やお茶をたくさん飲んで我慢をします。食べてよい時間以外にお菓子をもらった時には、夕飯のご褒美にするなど、すぐに食べない習慣を身につけることができます。
貴重な時間と食べ物と思うようになりますので、普段はあっという間に食べてしまうお菓子も味わってゆっくり食べます。食べる時間を決めることによって、自然と食べる量が少なくなります。最初は、食べる時間を意識して、我慢をしていく必要がありますが、慣れてきたころには、ウエストなどに変化が出てきます。
食べるものを制限し、量を減らすと長く続けることが難しくなります。
また「何時以降は食べないようにする」と時間を決めてしまうと、仕事が遅くなったなど食事を抜くことになり、ストレスがたまります。
今回ご紹介したダイエットは体が慣れるまでは大変ですが、慣れてくると食事後のご褒美を食べなくても、お腹がいっぱいになります。おそらく食べる量が、減っていることで胃が小さくなっています。
これを続けていくためには、周りの方の協力をもらうと心強いです。ぜひ周りに宣言をして、ダイエットを始めることをおすすめします。そうすることで、食後以外で食べようとすると声をかけてもらえます。効果がでてきますと、同じようにダイエットをしたいという方がでてきます。そして、いつの間にか休憩時間は、お菓子は食べたものとして食後にまわし、お茶を飲んで過ごすようになるかもしれません。
ダイエットにお金をかけたくない方には、ぜひ一度試していただきたいダイエットです。甘いものは我慢をせず、食後にご褒美として食べ、それ以外はお茶やコーヒーを飲むことを心がけるダイエット。もし間食してしまった時にはあきらめず、また明日から再スタートします。ダイエットは続けることで効果がでます。様々なダイエットがありますが、始めやすくて続けやすいです。

お腹が減ったらお茶を飲むことでダイエットになる?

ダイエットをしているときは食事を制限してしまうことが多いと思います。食事制限をしているとイライラしてしまうときがありますし、自分の好きなものを食べることができないということがストレスになってしまうときもあります。ストレスを発散するために運動をすることも手段ですが、簡単にドカ食いしてしまうこともあると思います。食べ物を食べられない、というストレスを食べ物を食べるということでストレス発散してしまうからです。そうすると今までやってきた食事制限が台無しになってしまいますし、後悔してしまいます。ドカ食いをし後悔し、そのあとまたダイエットに励める人ならいいのですが、そこれダイエットを中断しリバウンドしてしまうときがあります。
ダイエットを続けるコツは、いかにストレスなく毎日を過ごすことができるのかというところだと思います。
気持ちの問題になってしまうのですが、お腹が減ったら何かを飲むことにするのです。カロリーがあるものを摂取するのではダメですのでカロリーのないお茶を飲むのです。
ウーロン茶や日本茶や紅茶などです。ココアやミルクティなど、市販のものは最低でも50キロカロリーはありますので摂取しないようにします。水を飲んでもいいのですが水ですと冷たくて体に悪いです。常温の水にするにしてもお湯より効果がありません。
お湯やお茶は体が温まりますし、満腹感も今までとは違います。お腹も満たされますし、お茶をハーブティなどに変えるとストレスを軽減してくれますし、ハーブティも種類が沢山ありますので、ただ食欲を我慢するというより楽しむためにお茶を飲むという形にベクトルが移動してくれます。
お茶を飲むときは一気に飲むのではなく、ゆっくりとゆったりとした気持ち空間で飲むと更に満たされます。
体を満たすにはまず気分を満たさなければなりません。病は気からというのと同じで、自分の心を満足させてあげることで体も満足してくれるのです。
お茶は毎日飲むことができますし、プーアル茶などの脂肪分解効果のあるお茶にするとダイエットも更に励むことでしょう。