お腹が減ったらお茶を飲むことでダイエットになる?

ダイエットをしているときは食事を制限してしまうことが多いと思います。食事制限をしているとイライラしてしまうときがありますし、自分の好きなものを食べることができないということがストレスになってしまうときもあります。ストレスを発散するために運動をすることも手段ですが、簡単にドカ食いしてしまうこともあると思います。食べ物を食べられない、というストレスを食べ物を食べるということでストレス発散してしまうからです。そうすると今までやってきた食事制限が台無しになってしまいますし、後悔してしまいます。ドカ食いをし後悔し、そのあとまたダイエットに励める人ならいいのですが、そこれダイエットを中断しリバウンドしてしまうときがあります。
ダイエットを続けるコツは、いかにストレスなく毎日を過ごすことができるのかというところだと思います。
気持ちの問題になってしまうのですが、お腹が減ったら何かを飲むことにするのです。カロリーがあるものを摂取するのではダメですのでカロリーのないお茶を飲むのです。
ウーロン茶や日本茶や紅茶などです。ココアやミルクティなど、市販のものは最低でも50キロカロリーはありますので摂取しないようにします。水を飲んでもいいのですが水ですと冷たくて体に悪いです。常温の水にするにしてもお湯より効果がありません。
お湯やお茶は体が温まりますし、満腹感も今までとは違います。お腹も満たされますし、お茶をハーブティなどに変えるとストレスを軽減してくれますし、ハーブティも種類が沢山ありますので、ただ食欲を我慢するというより楽しむためにお茶を飲むという形にベクトルが移動してくれます。
お茶を飲むときは一気に飲むのではなく、ゆっくりとゆったりとした気持ち空間で飲むと更に満たされます。
体を満たすにはまず気分を満たさなければなりません。病は気からというのと同じで、自分の心を満足させてあげることで体も満足してくれるのです。
お茶は毎日飲むことができますし、プーアル茶などの脂肪分解効果のあるお茶にするとダイエットも更に励むことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です