今大注目の8:16ダイエットを実践してみよう!

ダイエットは、女性にとっての永遠のテーマですよね。女性のみに関わらず体重を気にする男性も多いのではないでしょうか。年間を通じてダイエットの番組や雑誌の特集がありふれています。この商品がダイエットに良い!という特集をする度にスーパーからその商品は消え、通販サイトでも上位になり、入荷待ちの状態になることはよくあります。しかし、このようなダイエットは続きません。つい最近までどこにいっても品切れだったのに、ある一定期間を過ぎると品切れになったのが嘘のようにどこにいっても在庫があるようになる、そんな状況が表すことは、みんな最初だけ続けて3日坊主で終わる、ということです。さらにここにお茶を飲む事を挟んでおくと効果も倍増です。お茶はスーパーで売っているのでもいいですしダイエットプーアール茶もおすすめできます。ダイエットをしてはリバウンドを繰り返したり、効果が出ないことに苛立ちを感じ途中でやめてしまったりしがちです。そんな中で今回お話するのは8:16ダイエットというものです。8時間ダイエットという名前でも紹介されています。この方法は最近になって医師がすすめるダイエット法として注目を浴びてきています。これまでダイエットに失敗してきた人が無理せずに続けられる物として人気を集めています。いったいどのようなものなのか、今回はお話ししていきます。

dietter

かわいくきれいにダイエットをする為に

まずはお茶を使ったダイエットから解説しましょう。
生姜紅茶ダイエットって知っていますか?少し前に流行ったダイエットですよね。
私はこれで1ヶ月で5キロ痩せ、平熱も35.0℃くらいでしたが今では36.0℃くらいになりました。なので、生姜紅茶ダイエットを紹介しようと思います。
・生姜紅茶のやり方は?
普通の紅茶1杯に対してすりおろした生姜をティースプーン1~2杯入れて飲みます。甘味が欲しいときなどは、はちみつや黒砂糖をプラスするとよいです。
・生姜紅茶の効果
私も成功したように他の方も成功しやすく成功者の声が多いダイエットですが生姜紅茶は体を温めて代謝をあげるという点が大きいです。特に朝飲むと有効みたいです。
また1日に2~6杯目安に飲むと良いです。生姜紅茶を飲むことで体が温まり血流がよくなります。ただ、しょうがのジンゲロールという成分は人の粘膜を強く刺激するので大量に摂取するなどは控えた方が良いそうです。食べ過ぎてしまうと胃腸の粘膜を刺激したり、腹痛の時には下痢を引き起こしたりするので注意が必要です。元々薬味として少量摂取することでその効果を発揮するみたいです。過度な摂取はお勧めできません。また甘味をプラスして飲む場合は糖類の摂取のしすぎも注意が必要です。私の場合は甘味をいれずそのままで飲んだり、ももの香りのする紅茶などで我慢していました。甘味の種類はメープルシロップなどの体を冷やしにくい甘味を使う事が良いです。
・生姜紅茶ダイエットの口コミ
他の方も1年半で13キロなど停滞期はあったみたいですが続けていくことで効果があるそうです。わたしはすごく太ってたこともあり1ヶ月で5キロと痩せすぎてしまいましたが、リバウンドもありません。またウォーキングなどを組み合わせる事により、効果がでやすく、発汗も普段の時よりすごかったです。また、プチ断食とセットでやっている方もいるみたいです。生姜紅茶は生活に取り入れやすく、ただ飲むだけなので実行もしやすく、これからも続けて行きたいと思っています。

8:16ダイエットは具体的にどうするの?

さて、8:16時間ダイエットのやり方ですがすごく単純なものです。1日のうち、8時間以内にご飯を食べ、16時間は何も食べないで過ごすというものです。この食事してもいい8時間のうちなら何を食べてもいい、とのことですが極度の暴飲暴食は控えるようにと言われています。具体的にどういうことかと言いますと1日のうち1食目をお昼の12時に食べ始めた場合、夜ご飯を夜の8時までに終わらせる、ということです。時間をずらしても同じことが言えます。10時に食べ始めた人は6時まで、8時に食べ始めた人は4時までということになります。なぜこのダイエット法が効くかというと単純に食事の回数が2回になり、摂取カロリーが減るということです。そして食べない16時間の間に胃腸を休ませることが出来るので痩せやすくなるということです。いわばプチ断食ですね。このダイエットの特徴は長期的に見て続けやすい、ということです。ダイエットは痩せることが目的ではありますが1番大切なのは痩せてからリバウンドせずにキープするということです。短期間で痩せた場合はどうしても普通の食事に戻してしまうとリバウンドしてしまいがちですが、この方法は続けやすいので体重をキープしやすい、ということです。元々夜ご飯から次の日の朝ご飯までの時間は断食していると言われています。その断食する時間を長くすることによって体重は減っていきます。長くした時間を続けていくことで体重がキープできるということです。ダイエットのために朝食は食べた方がいいと言う方もたくさんいますが、こちらの方法は医師の方も推薦しているやり方ですので健康には問題はないと思います。朝どうしてもお腹が空いてしまって続けられないという方は無塩バターを入れたコーヒーを1杯飲むことで空腹を抑えられるそうです。これなら続けられそうですね。
8:16時間ダイエットいかがでしたでしょうか。食べるものを制限するわけではないのでストレスも少なく出来ると思います。とは言えダイエット中であるということは忘れずになるべくカロリーの低いもの、栄養価の高いものを取るよう心がけてください。太ってしまうと病気になってしまったり、精神的にもダメージを与えます。そこで無理しない程度に出来るこちらのダイエット法を試してみて下さい。体調があまりにも悪い時は無理せずに普通の食事に戻してみて下さい。長期的に見て続けられる方法でダイエットを成功させてほしいと思います。健康のため、美容のためにぜひダイエットを成功させましょう!

参考URL⇒ダイエットプーアル茶の体験レポ~痩せるお茶.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です